鷹尾眼科

コンタクトレンズ処方・緑内障・ドライアイ等お気軽にご相談下さい。 鷹尾眼科|岐阜県海津市南濃町

HOME»  診療内容

診療内容

白内障    緑内障    糖尿病網膜症   加齢黄班変性   飛蚊症    など

ドライアイ   アレルギー性結膜炎    角膜潰瘍   涙嚢炎   など

白内障

目の中の水晶体が濁る病気です。
進行を遅らせる方法としては点眼薬が用いられますが、日常生活に支障を感じるようになれば手術適応となります。

 

緑内障

緑内障は眼圧(目が正常な機能を保てる適正な眼圧)の上昇のために視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
 
一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、現在では日本における失明原因の第1位となっております。40歳以上の20人に1人は緑内障を発症すると言われています。
 
緑内障は、急激な眼痛・悪心・視力低下という症状で発症するタイプと、自覚症状がほとんどないままゆっくりと進行してしまうタイプがあります。

 

自覚症状がほとんどなく、知らないうちに進行しているタイプが多くみられます。
又、現在では、眼圧が正常な正常眼圧緑内障が多いといわれています。
眼圧のみでなく、OCT(光干渉断層計)やハンフリー自動視野計などにより、かなり早期発見が可能となっておりますので、強度近視の方は若い方でも、一般的には40才を過ぎましたら、一度緑内障チェックをおすすめします。
 
一方、急激な発症の緑内障は手術やレーザーなど、早期治療が必要となります。

 

糖尿病網膜症


糖尿病は高血糖と主徴とする全身代謝疾患で、各臓器に多くの合併症を発症します。
糖尿病眼合併症の1つに糖尿病網膜症があります。
毛細血管瘤からはじまり、網膜出血、軟性白斑、網膜内細小血管異常と進行し、新生血管、硝子体出血、線維性膜の出現まで悪化してしまいますと、かなりの視機能低下をきたし、失明にいたる場合もあります。
 
糖尿病と診断された方は、内科的なコントロールはもちろんですが、糖尿病網膜症の定期検診も必要で、糖尿病のコントロールの判定にも参考となります。

 

加齢黄班変性

・変視症(みたい部分がゆがんで見える)
・中心暗点(みたい部分が暗くなって見える))
・視力低下(みたい部分がぼやけて見える)
などの症状がみられます。

進行の緩やかな萎縮型と速い浸出型があります。少し前までは有効な治療方法がありませんでしたが、現在では、抗血管新生療法(抗VEGF療法)などにより、視力の維持のみならず、回復も可能となっておりますので、アムスラーチャートなどでの早期発見が大切です。

 

飛蚊症


明るい所や白い壁を見たときに、浮遊物が飛んでいるように見える症状をいいます。
加齢などにより、硝子体の性状に変化がおこり硝子体が網膜からはがれます。この変化が飛蚊症の症状をもたらします。
これは生理的な現象ですが、ときには網膜裂孔、網膜剥離といった重大な病気の初期症状の可能性もありますので、早期発見のためには眼科専門医での散瞳検査をお勧めします。

 

ドライアイ


目がかすみ、見えにくく感じる―。 それはドライアイかもしれません。
特に湿度が下がり空気が乾燥する冬は、注意が必要です。目は粘膜で覆われているので、皮膚よりも乾燥の影響を受けやすくなります。
目は涙の膜に覆われてこそクリアな像を網膜に結ぶことができます。
涙液や眼表面粘膜に異常をきたしますと、
 
●目がかすむ
●目が疲れやすい(眼精疲労)
●いつも見えるものが見えない(視力が不安定)
などの症状を引き起こします。
 
●目がコロコロする
●充血する
と言った結膜炎のような症状や、
 
●風が当たると涙が出る
といったドライアイとは反対の涙目の症状が出ることもあります。
 
症状の軽い場合は点眼薬で緩和させることができますが、重症の場合は涙点プラグなどの治療法もおこなわれます。

思いあたる症状があればお気軽にご相談ください。

 

ドライアイ

 

アレルギー性結膜炎


アレルギー性結膜炎のうち、症状の発現が季節性のものを季節性アレルギー性結膜炎、花粉によって惹き起こされるものを花粉性とよびます。
症状の発現が通年性のものは通年性アレルギー性結膜炎とよばれます。
症状は掻痒感、異物感、流涙、眼脂です。
その他のアレルギー性結膜疾患には、アトピー性角結膜炎、春期カタル、巨大乳頭結膜炎などがあります。

 

アレルギー性結膜炎

 

斜視・弱視

いろいろな種類の斜視・弱視があります。
それぞれのタイプによって必要な治療や経過、予後が異なりますので、適切な診断が必要となります。

お子様が対象となる場合が多いので、長期の経過視察が必要となります。

 

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズは直接目に触れる医療機器です。
通販やネットでの購入などにより、眼障害もみうけられます。

当院では、皆様がコンタクトレンズを快適に使用して頂けるように、コンタクトレンズに関する相談や処方を行っております。
現在使用しているレンズでお困りの事がございましたら、お気軽にご相談ください。
未経験の方には、コンタクトレンズを使用するうえで必要なこと(レンズや取扱いの説明・装用練習など)を専門スタッフが丁寧にご指導いたします。
時間に余裕を持って来院されることをお勧めします。
コンタクトレンズに対する正しい知識を持ってもらい、重大な眼障害を少しでも減らすことができるようスタッフと共に努力しております。

また、検査後には当院併設の「南濃コンタクトレンズ」でご購入ができます。

 

コンタクトレンズ処方

 

眼鏡処方


オートレフラクトメーターにより、他覚的屈折検査は可能です。ただし、眼鏡処方は、その屈折値をそのまま処方するのでは、適正な処方はできません。
あくまでも、オートレフラクトメーターでの屈折値は、参考値であり、患者さんの年齢、職業、不同視なども考慮のうえ、患者さんの必要とする条件にあうような、眼鏡処方を心がけています。
眼鏡は、眼科医院で処方箋を書き、眼鏡店で作成してもらうのが基本です。

 

外来小手術


麦粒腫・霰粒腫・翼状片などの外来における小手術には対応しております。


 

お問い合わせ

お問い合わせ
▲目について少しでも気になる事がありましたら、どうぞお気軽にご来院、ご相談ください